PR

エアコン内部クリーンのデメリットを知って快適な空間を守る

エアコン内部クリーンの落とし穴!快適な空間を守るため知っておきたいデメリット

エアコン内部クリーンを行うと、一時的に部屋の環境が変化することがあります。快適な空間を守るために、そのデメリットを知っておきましょう!

1-1. 部屋が暑くなる!?

内部クリーン中は、エアコンが洗浄モードに入り、冷房や暖房機能が停止します。このため、特に夏場にクリーンを行うと、部屋の温度が上昇して暑くなります。

例えば、30度を超える猛暑日に内部クリーンを行うと、部屋の温度が35度以上まで上がることもあります。熱中症の危険性もあるため、暑い時期の昼間などに長時間クリーンを行うのは避けましょう。

1-2. 湿度が一時的に上昇

内部クリーンの洗浄剤には、蒸気を発生させる成分が含まれています。この蒸気が部屋中に拡散されるため、一時的に湿度が上昇します。

湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり、不快感が増します。また、カビやダニの繁殖にもつながりやすくなります。特に、梅雨時期や湿気の多い場所では、内部クリーン後に換気を行い、湿度を下げることが大切です。

暑い夏に内部クリーンで不快指数UP

エアコンの内部クリーン機能は快適さを保つのに役立ちますが、暑い夏には注意が必要です。内部クリーン中はエアコンが一時的に停止するため、以下のデメリットが発生する可能性があります。

2-1. ジメジメした空気に耐えられる?

内部クリーン中はエアコンが停止するため、部屋の湿気を吸い取れなくなります。すると、部屋の空気がジメジメして不快に感じることがあります。特に梅雨時期やじめじめした夏の日などは、内部クリーンを実行すると汗ばんで不快に感じるかもしれません。

2-2. エアコンの効きが悪くなるワケ

内部クリーン中は、エアコンの熱交換器に付着した汚れやホコリを取り除いています。しかし、クリーン後は熱交換器が濡れており、冷たい空気が十分に放出されにくくなります。そのため、一時的にエアコンの効きが悪くなることがあります。

暑い夏に内部クリーンを実行すると、湿気や不快な空気にさらされ、エアコンの効きも低下してしまう可能性があります。できる限り、涼しい時期やエアコンの使用頻度が低い時期に内部クリーンを行うようにしましょう。

内部クリーンのタイミングに注意

エアコンの内部クリーンは、快適な空間を保つために欠かせないお手入れですが、タイミングを間違えると思わぬトラブルを招くことがあります。

3-1. 暑すぎるとトラブル発生?

エアコンがフル稼働する真夏に内部クリーンを行うと、コンプレッサーや基板が過負荷になり、故障の原因となることがあります。特に、室外機が直射日光にさらされている場合は要注意。

**例:** 猛暑続きの日に内部クリーンをしたら、冷房機能が突然ストップ!

3-2. 急な冷房使用で故障リスクUP

エアコンを長時間使っていない状態から、内部クリーン後にいきなり冷房を強運転すると、動作が不安定になって故障することがあります。

**例:** 秋から冬にかけてエアコンを使わず、久しぶりに春先に内部クリーンしてから冷房を使用したら、冷房が効かなかった。

4-1. 快適な静寂が奪われる

エアコン内部クリーンを実施すると、汚れを除去するためにファンの回転数が増加します。そのため、通常の運転よりも作動音が大きくなる可能性があります。

静かな空間を好む方にとっては、この増えた作動音が気になるかもしれません。特に夜間や静かな部屋でエアコンを使用している場合は、睡眠の邪魔になったり、リラックスを妨げたりする可能性があります。

4-2. 寝室での使用はNG?

寝室は睡眠を取る場所なので、静けさを保つことが重要です。エアコン内部クリーンの作動音が大きくなると、睡眠の質を低下させるおそれがあります。

例えば、深い睡眠に入った直後に作動音が大きくなると、一度目が覚めてしまい、その後なかなか寝付けなくなってしまうかもしれません。また、作動音が続くことで、睡眠が浅くなり、日中の疲れがとれにくくなる可能性もあります。

そのため、寝室でエアコンを使用する場合は、内部クリーン機能を就寝前に実施するか、作動音が少ない静音タイプのエアコンを検討することをおすすめします。

電気代増加の落とし穴

エアコン内部クリーンを定期的に行うのは快適な空間を保つために大切なことですが、実はちょっとした落とし穴があります。それは、電気代の増加です。

5-1. 掃除なのにコスト増?

エアコン内部クリーンは、エアコンの内部を自動で掃除してくれる機能です。この機能を使うと、フィルターに付着したホコリや汚れを自動的に除去してくれます。しかし、この自動掃除には電気代がかかるのです。

例えば、1時間あたり100ワットの電気を使う一般的なエアコンの場合、内部クリーン機能を1回使うと、約10円の電気代がかかります。1日1回内部クリーンを使うと、月あたり約300円の電気代がかさんでしまうのです。

5-2. 代替策で節約する方法

エアコン内部クリーンは便利ですが、電気代を節約したい場合は、代替策があります。

  • **マメにフィルター掃除をする:** 内部クリーン機能のかわりに、2週間に1回程度フィルターを手動で掃除しましょう。ホコリや汚れをこまめに取り除けば、内部クリーン機能を頻繁に使う必要がなくなります。
  • **換気を十分に行う:** 部屋にホコリがたまると、エアコンのフィルターにもホコリが付きやすくなります。窓を開けて換気を十分に行い、部屋のホコリを減らしましょう。
  • **エアコンの運転効率を高める:** フィルター掃除だけでなく、エアコンの室外機を日陰に置いたり、風の通りをよくしたりして、エアコンの運転効率を高めましょう。そうすることで、内部クリーン機能を使用する頻度が減り、電気代の節約につながります。
  • 一時的な効き目では意味なし

エアコン内部クリーンをすると、確かに一時的にエアコンの効きが良くなるかもしれません。しかし、その効果は長続きしません。なぜなら、内部に溜まった汚れやホコリは、エアコンを使用することで再び発生するからです。そのため、一時的な爽快感にとらわれてはいけません。

6-1. 効果が持続しない理由

エアコンの内部には、フィルターだけでなく、熱交換器やドレンパンなどの部品があります。これらの部品に汚れやホコリが蓄積すると、エアコンの効率が低下し、効きが悪くなります。エアコン内部クリーンでは、これらの汚れを一時的に除去できますが、エアコンを使用しているとまた汚れが溜まり、効果が持続しません。

6-2. 定期的なメンテナンスの重要性

エアコン内部クリーンはあくまで応急処置にすぎません。エアコンを快適に使い続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。定期的にフィルターを清掃し、内部の汚れを専門業者にクリーニングしてもらうことで、エアコンの効きをキープし、健康的な空間を保つことができます。

エアコンの故障リスク増加

エアコン内部クリーンを過度に行うことで、エアコン本体にダメージを与えるリスクがあります。

7-1. 内部機構への負担

エアコン内部クリーンでは、強力なクリーナーを使用します。このクリーナーはエアコン内部の汚れを溶かして落としますが、同時にエアコン内部の部品も傷める場合があります。

たとえば、エアコンのアルミフィンはクリーナーによって腐食しやすくなります。アルミフィンは熱交換を行う重要な部品なので、腐食するとエアコンの冷却効率が低下します。

7-2. 故障の連鎖を防ぐには?

エアコン内部クリーンをするときは、以下の点に注意しましょう。

  • **推奨回数を守る:**メーカーが推奨する内部クリーンの回数を必ず守ります。過剰な内部クリーンは故障のリスクを高めます。
  • **適切なクリーナーを使用する:**エアコン内部に使えるクリーナーを使用します。家庭用洗剤などを使用すると、エアコンの部品を傷める可能性があります。
  • **分解清掃は業者に頼む:**エアコンを分解して内部を掃除する場合は、専門業者に依頼しましょう。分解を誤ると、エアコンを故障させてしまう恐れがあります。

意外と知られていないエアコンの“敵”

エアコンを快適に使うためには、定期的なお手入れが欠かせません。しかし、意外と見落としがちなのが、エアコン内部の汚れです。

8-1. フィルタ汚れが拡散

エアコンのフィルターが汚れると、空気を吸い込む時にホコリや花粉などの汚れをキャッチします。この汚れがフィルターに蓄積していくと、エアコンの風量を低下させてしまい、部屋の空気を効率的に循環させることができなくなります。さらに、フィルターに付着した汚れは、エアコンの内部に拡散して、熱交換器やファンなどの部品に付着します。

例えば、ホコリが熱交換器に付着すると、熱の伝達効率が低下して、冷房や暖房の効きが悪くなります。また、汚れがファンに付着すると、動作音が大きくなったり、振動が発生したりします。

8-2. 汚れの悪循環を断ち切るには?

エアコン内部の汚れを防ぐためには、定期的なお手入れが重要です。フィルターは2週間に1回程度、掃除機などで汚れを吸い取りましょう。また、年に1~2回は、エアコン本体をプロに分解洗浄してもらうことをおすすめします。

プロの分解洗浄では、エアコンの内部を徹底的に洗浄することで、目に見えない汚れやカビまで除去します。これにより、エアコンの性能が向上し、冷房や暖房の効きが良くなるだけでなく、空気の質も向上して、健康的な空間を保つことができます。

エアコン内部クリーンのまとめ

エアコンが快適に冷えない、嫌なニオイがするといった悩みを抱えていませんか?そんな時は、エアコン内部クリーニングが有効な場合があります。しかし、内部クリーンにはいくつかのデメリットもあるので、しっかりと理解した上で依頼しましょう。

デメリット1:コストがかかる

エアコン内部クリーンは、業者によって費用が異なりますが、一般的には1台につき10,000円~20,000円程度かかります。定期的に行う必要があるため、継続的な出費となることを念頭に置いておきましょう。

デメリット2:時間がかかる

内部クリーンは、分解洗浄から乾燥までを含めると数時間かかる場合があります。作業中はエアコンを使用できないので、夏場や冬場のエアコンが必須な時期は注意が必要です。

デメリット3:効果が持続しない

内部クリーンの効果は、使用頻度やエアコンの状態によって異なりますが、一般的には半年~1年程度と言われています。定期的にクリーニングを行うことで効果を維持できますが、コストと時間の負担を考慮する必要があります。

デメリット4:不具合が発生する可能性

まれなケースですが、内部クリーンによってエアコンの配線が損傷したり、故障したりする可能性があります。特に古いエアコンや状態が悪いエアコンでは起こりやすくなります。

デメリット5:自分でできない

エアコン内部クリーンは、専門の知識と工具が必要なため、自分で行うことは難しいです。無理に分解すると故障の原因となってしまうので、必ず業者に依頼しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました