PR

エアコンクリーニング費用で悩まない!負担のルールと節約術を徹底解説

エアコンクリーニング費用に悩まない!

エアコンクリーニングって、お金がかかるイメージがありますよね。でも実は、費用を負担しないといけないルールがあるんです。

1-1. 大家さんが負担するのが基本

実は、エアコンクリーニング費用を負担すべきなのは、大家さんなんです。エアコンは、アパートやマンションの設備の一部とみなされます。そのため、その維持や修理は、大家さんが行うべきとされています。

例えば、あなたが定期的にエアコンクリーニングをした場合、その費用は領収書と一緒に大家さんへ請求することができます。大家さんは、その請求に応じなければならないのが基本です。

1-2. 管理会社も負担する場合あり

大家さんが個人ではなく管理会社の場合、エアコンクリーニング費用を負担してくれることがあります。管理会社は、賃貸物件の維持管理を委託されているため、エアコンクリーニングもその業務の一部とみなす場合があるからです。

もし、あなたが管理会社から賃貸物件を借りている場合は、エアコンクリーニングの費用について管理会社に相談してみましょう。運が良ければ、負担してもらえるかもしれません。

借主が負担するケース

エアコンクリーニングの費用は、基本的には大家さんが負担するものです。しかし、借主が負担しなければならないケースもいくつかあります。

2-1. タバコによる汚れなど

タバコの煙に含まれるヤニやタールは、エアコン内部に蓄積して汚れを悪化させます。この汚れは、借主が喫煙することによって発生したものなので、借主がクリーニング費用を負担することになります。

2-2. エアコンの故意の汚損

エアコンを不適切に使用したり、破損したりした場合は、借主がクリーニングや修理費用を負担しなければなりません。例えば、エアコンのリモコンを落として壊したり、エアコンのフィルターを掃除せずに放置して汚したりした場合が該当します。

3-1. 退去時が一般的

エアコンクリーニングの時期って、悩んじゃいますよね?

実は、賃貸物件では退去時にすることが一般的なんです。退去時にエアコンが汚れていると、原状回復費用として請求されるケースがあるからです。

3-2. 費用は契約書に明記

エアコンクリーニングにかかる費用は、賃貸契約書に明記されています。退去時に必要な原状回復費用の項目を確認しておきましょう。

例えば、契約書に「エアコンクリーニング費:1台あたり10,000円」と書かれている場合は、1台のエアコンのクリーニングに10,000円がかかるということになります。

4-1. エアコンの種類

エアコンのクリーニング費用は、エアコンの種類によって異なります。大きく分けると、壁掛けタイプ、天井カセットタイプ、床置きタイプといった種類があり、それぞれクリーニングのしやすさが異なるため、費用も変動します。

例えば、壁掛けタイプは比較的クリーニングしやすいので費用が安くなりますが、天井カセットタイプなどは分解の手間がかかるため費用が高くなります。

4-2. 汚れ具合

エアコンの汚れ具合もクリーニング費用に大きく影響します。フィルターのほこりやカビの程度はもちろん、内部の熱交換器やファンに付着した汚れの量によっても変わってきます。

日常的に掃除をしているエアコンと、長年放置して汚れたエアコンでは、必要なクリーニングの時間が大きく異なるため、料金にも差が出ます。

クリーニング費用の軽減策

エアコンクリーニングの費用を抑えるためには、いくつか有効な方法があります。

5-1. 定期メンテナンス

エアコンを定期的にメンテナンスすることで、大規模な清掃の必要性を減らすことができます。具体的には、フィルターの交換や排水ホースの清掃を毎月行いましょう。フィルターを交換すると、エアコンが詰まるのを防ぎ、排水ホースの清掃で詰まりによる故障を防ぐことができます。これらの簡単な作業を定期的に行うことで、クリーニング費用を大幅に節約できますよ!

5-2. クリーニング業者を比較

クリーニング業者によって料金が大きく異なります。選択する前に、少なくとも3つの業者から見積もりを取りましょう。見積もりを比較する際には、料金だけでなく、 included サービス内容にも注意してください。また、評判や顧客レビューを確認して、信頼できる業者かどうかを判断することも重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました