PR

**エアコンのクリーニングを怠るとどうなる?** 10のメリットで分かるエアコンクリーニングの必要性

エアコンクリーニングをサボると、こんな目に遭うかも

エアコンは、暑い夏に欠かせない涼しい味方。でも、エアコンをずっと使っていると、汚れがたまってトラブルの原因になるんです。そこで今回は、「エアコンクリーニングをサボるとどうなるか」をご紹介していきます。

1-1. 風から異臭

エアコンのフィルターが汚れると、カビや雑菌が繁殖して unpleasantな臭いがしてきます。カビはアレルギーの原因にもなるので、要注意。くしゃみや鼻水に悩まされることになるかもしれませんよ。

1-2. エアコンの寿命縮小

エアコン内部に汚れがたまると、機器の負荷が増えて故障しやすくなります。すると、エアコンの寿命が短くなって、買い替えが必要になるかもしれません。こまめにクリーニングして、エアコンを長持ちさせましょう。

エアコン内部って実は汚れまみれ

エアコンを普段から使っていると、どうしても汚れが溜まってしまいます。知らない間に、エアコン内部はカビやホコリ、花粉などがびっしり。気付かないうちに、そんな汚れた空気を吸い込んでいるかもしれませんよ!

2-1. カビや雑菌の温床

エアコン内部が汚れていると、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。湿った環境が大好きなので、フィルターや吹き出し口にびっしり発生することがあります。カビや雑菌が繁殖すると、イヤな臭いがしたり、健康にも影響が出ることがあります。

例えば、エアコンから発生したカビの胞子を吸い込むと、アレルギー反応を引き起こすことがあります。くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが症状として現れます。また、カビが繁殖すると、エアコン内部にカビ臭が発生します。この臭いを吸い込むと、吐き気や頭痛、疲労などの症状につながる可能性があります。

2-2. ホコリや花粉

エアコンのフィルターは、外気から入ってくるホコリや花粉をキャッチして室内に汚れが入らないようにしています。しかし、フィルターのお手入れを怠っていると、ホコリや花粉が溜まってフィルターが詰まってしまいます。すると、エアコンの効きが悪くなって冷えたり暖まったりしにくくなるだけでなく、ホコリや花粉を部屋中に撒き散らしてしまいます。

ホコリを吸い込むと、鼻炎や気管支喘息などのアレルギー反応を引き起こすことがあります。また、花粉を吸い込むと、花粉症の症状であるくしゃみや鼻水、目のかゆみが出ることがあります。

エアコンを掃除しないと「損」するワケ

エアコンを掃除しないのは、実はとっても損なことなんです!なぜなら、掃除しないとこんなデメリットがあるんです。

3-1. 電気代アップ

汚れたエアコンは、どんどん冷えにくくなって、稼働時間が長くなります。その結果、電気代が高くなってしまうんです。例えば、月に500円ほど電気代が上がるとしたら、1年間で6,000円も損をすることになります!

3-2. 風の出が悪くなる

ホコリや汚れが詰まると、エアコンから出てくる風の量が減ってしまいます。すると、部屋がなかなか冷えなかったり、冷房が効かなくなったりしてしまいます。真夏の暑い時期にこれは辛いですね…。

エアコンクリーニングが意外と簡単

皆さんのエアコン、最近お手入れしましたか?エアコンクリーニングをサボっていると実は大変なことになるんです。今回は、エアコンクリーニングの必要性を10のメリットでご紹介すると同時に、意外と簡単なクリーニング方法もご紹介します。

4-1. 市販の掃除グッズを使おう

エアコンクリーニングに市販の掃除グッズを使うのはとっても簡単。まずは、フィルターを取り外して、掃除機で埃を吸い込みます。次に、専用の洗浄剤を吹きかけて、汚れを浮かします。最後に、水で洗い流せば完了です。

4-2. プロに頼んでもOK

エアコンクリーニングが面倒な方は、プロに頼むこともできます。プロは特殊な機器を使って、エアコン内部の隅々まで徹底的にクリーニングしてくれます。料金は少し高くなりますが、定期的にプロにクリーニングしてもらうことで、エアコンの寿命が延びますよ。

5-1. 風の出方が良くなる

エアコンの掃除を怠っていると、ホコリや汚れがフィルターに詰まってしまい、風の出が悪くなります。すると、冷風・暖風が部屋全体に届かず、一部の場所だけが暑くなったり寒くなったりしてしまいます。定期的なクリーニングでフィルターを掃除すれば、風が出が良くなり、部屋全体の温度を均一に保つことができます。

5-2. 健康に良い

エアコンのフィルターにたまったホコリやカビは、アレルギーやぜんそくの原因になります。特に、小さなお子様やご高齢の方は、これらの症状が出やすいので注意が必要です。エアコンを定期的にクリーニングすることで、室内空気をクリーンに保ち、健康を守ることにつながります。例えば、ホコリアレルギーの人は、エアコンをクリーニングした後の部屋に入ると、くしゃみやくしゃみが出にくくなります。

**エアコンのクリーニングを怠るとどうなる? 10のメリットで分かるエアコンクリーニングの必要性**

エアコンのクリーニングで家族を守ろう

6-1. カビや雑菌から家族を守る

エアコンのフィルターや内部にカビや雑菌が繁殖すると、エアコンを作動させたときに部屋中にまき散らされてしまいます。このカビや雑菌を吸い込むと、アレルギーや風邪、喘息など、さまざまな健康被害を引き起こす恐れがあります。特に、小さな子どもや高齢者、ペットがいるご家庭は、エアコンのクリーニングを定期的に行うことで、大切な家族の健康を守りましょう。

6-2. 快適な室内環境作りに欠かせない

エアコンのフィルターが詰まっていたり、内部が汚れていると、エアコンの効きが悪くなり、部屋の温度・湿度を快適に保てなくなります。特に夏場の暑い時期や、冬場の寒さが厳しい時期には、エアコンのクリーニングを行うことで、涼しい部屋や暖かい部屋を快適に維持することができます。エアコンを快適に使用するためにも、定期的なクリーニングは欠かせません。

【エアコンクリーニングのまとめ】

エアコンは、暑い夏を乗り切るのに欠かせない家電ですよね。でも、お掃除を怠ってしまっていると、思わぬトラブルを引き起こしかねません。エアコンクリーニングの必要性を、10のメリットで解説します!

1. 電気代の節約

ホコリや汚れが詰まったエアコンは、冷風・暖風を効率的に送ることができません。その結果、電気代がぐんと上がってしまうんです。クリーニングして汚れを取り除けば、快適な温度を維持しながら省エネにもつながりますよ。

2. 冷え・暖まり効率アップ

汚れたエアコンは、冷房や暖房の効きが悪くなってしまいます。これではいくらエアコンを使っても快適になりませんよね。クリーニングして汚れを除去することで、本来の能力を取り戻し、快適な室温を保てます。

3. カビ・細菌の繁殖抑制

エアコン内部にたまっているホコリは、カビや細菌の格好の餌場。クリーニングせずに放置していると、悪臭の原因になったり、健康被害を引き起こしたりすることも。クリーニングで汚れを取り除き、衛生的な環境を保ちましょう。

4. 風量アップ

ホコリが詰まったフィルターは、風の通りを悪くします。クリーニングでホコリを除去することで、風量が増大し、部屋の空気を効率よく循環させることができます。

5. 異音の低減

エアコンから異音がするのは、汚れが原因かもしれません。ファンやブロワーにホコリがたまると、摩擦音が発生して騒音が大きくなってしまいます。クリーニングで汚れを取り除けば、静かな運転音を取り戻せます。

6. 耐用年数の延長

汚れたエアコンは、内部の部品に負担がかかり、故障のリスクが高くなります。定期的にクリーニングすることで、部品の劣化を防ぎ、エアコンの寿命を延ばすことができます。

7. 室内の空気質向上

汚れたエアコンは、ホコリや花粉を室内にまき散らします。クリーニングで汚れを除去することで、室内の空気質を向上させ、アレルギーや呼吸器系のトラブルを予防できます。

8. 快適な睡眠

冷房の効かない暑い夜や、暖房が効かない寒い夜ってつらいですよね。エアコンをクリーニングして快適な温度を保てば、質の良い睡眠が得られます。

9. お掃除の手間削減

エアコンをクリーニングしておけば、その後の掃除が楽になります。ホコリや汚れがたまりにくくなり、フィルターをこまめに掃除する手間が省けます。

10. 見た目がすっきり

汚れたエアコンは、見た目が悪くなり、部屋全体の印象もダウンしちゃいます。クリーニングで汚れを取り除けば、エアコンが新品のように輝き、部屋もすっきりとした雰囲気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました