PR

エアコンのクリーニングを怠ると起こる10のデメリット

エアコンクリーニングを怠るとどうなるか?

エアコンは、夏場に涼しく、冬場に暖かく過ごすのに欠かせない家電です。しかし、エアコンを定期的にクリーニングしないと、さまざまな問題が発生する恐れがあります。今回は、エアコンクリーニングを怠ることで起こり得る10のデメリットをご紹介します。

1-1. 電気代がアップ!

エアコンのフィルターが汚れていると、空気の流れが悪くなり、より多くの電力を消費して同じ温度を維持する必要があります。つまり、電気代がアップしてしまうのです。たとえば、フィルターが汚れているエアコンは、フィルターが清潔なエアコンに比べて、最大で20%も電気代が高くなる場合があります。

1-2. アレルギー症状の悪化!

エアコンは、花粉やホコリなど、アレルギーの原因となる粒子を循環させています。フィルターが汚れていると、これらの粒子を捕らえることができず、空気中に放出されてしまいます。これにより、アレルギー症状(くしゃみ、鼻水、目の痒みなど)が悪化してしまう可能性があります。

エアコンの寿命が短くなる!

エアコンは毎日長時間稼働する家電なので、メンテナンスを怠ると確実に寿命が縮まります。汚れたエアコンは、より多くのエネルギーを消費して効きが悪くなり、最終的には故障の原因になります。

2-1. クリーニング不足による故障!

エアコン内部に溜まったホコリや汚れが、モーターやファンを詰まらせて故障を引き起こすことがあります。例えば、ファンにホコリが蓄積すると、空気の流れが悪くなり、モーターに負担がかかって故障につながります。

2-2. ホコリが原因の劣化!

エアコンの内部に堆積したホコリは、徐々に部品を摩耗させます。例えば、コンデンサーフィンにホコリが溜まると、冷房効率が低下し、さらに故障の原因になります。また、ホコリは電子回路基板にダメージを与え、エアコンの寿命を縮めます。

3-1. カビの繁殖によるにおい!

エアコンの内部にカビが繁殖すると、嫌なにおいを放出します。カビはエアコン内部の湿気をエサにして繁殖するため、エアコンを頻繁に使用しないまま放置しておくと、カビが増殖するリスクが高くなります。このカビ臭は、アレルギーや喘息を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

3-2. ホコリの臭い!

エアコン内部にホコリが溜まると、空気を循環させる際にホコリのにおいが発生します。ホコリには、ペットの毛、花粉、タバコの煙などのさまざまな物質が含まれています。これらの物質がエアコン内部に溜まることで、においの原因となるのです。ホコリのにおいは不快なだけでなく、健康にも影響を与えることがあります。

エアコンの効きが悪くなる!

エアコンを長く使っていると、空気中のホコリや汚れがエアコン内部に蓄積されてしまいます。そうすると、フィルターが詰まって風量が低下し、熱交換率も低下するため、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

4-1. 詰まったフィルターが風量を低下!

フィルターが詰まると、空気の通り道が狭くなり、エアコンから出てくる風量が低下します。すると、エアコンがいくら頑張っても、部屋全体に行き渡る風量が足りずに、部屋がなかなか涼しくなりません。例えば、フィルターがホコリで完全に詰まってしまうと、風量が半分以下になってしまうこともあります。

4-2. 熱交換率の低下による冷却効果の低下!

エアコンの熱交換器(フィン)は、空気中に含まれる熱を吸収して冷気に変える役割をしています。しかし、フィンが汚れで覆われると、空気と接触する面積が減り、熱交換率が低下します。すると、エアコンが同じ量の熱を吸収しても、冷気に変えられる量が減ってしまい、冷却効果が低下します。例えば、フィンの汚れが厚くなると、冷却効果が20%も低下することがあります。

火災の危険性!

5-1. ホコリが燃えて火災に!

エアコンって、お家にある電化製品の中でも結構電気を使うんです。そして、その電気の流れによって熱が発生するんですよ。この熱とエアコンにたまったホコリが一緒になると、火災のリスクが高まってしまうんです!ホコリって細かい毛や繊維なんかの燃えやすいものでできてるので、ちょっと熱を持っただけで火がついちゃうことがあるんです。

たとえば、夏場にエアコンをフル稼働させてて、しかも最後にお掃除したのがもう何年前だっけ?なんていうくらい放置しちゃうと、内部にたまったホコリが熱で燃え始めて、最悪の場合火事が起こる可能性もあるんですよ。エアコンが焦げ臭いニオイを出して異常動作したり、運転中にブレーカーが落ちたりするのは、もう危険信号です!

5-2. 定期的なメンテナンスで予防!

火災の危険を防ぐためには、定期的なエアコンのクリーニングがとっても大事なんです。エアコンのフィルターは2週間~1ヶ月に1回は掃除することが推奨されてます。フィルターにお掃除機能があるエアコンでも、油汚れやホコリが溜まっていけばフィルターの目詰まりを起こして、正常に空気を吸い込めなくなっちゃうことがあるんです。

エアコン本体の内部は、1年に1回はプロにお願いしてクリーニングするのがおすすめですよ。プロならエアコン内部の細かい部品や熱交換器まで分解して徹底的にきれいにしてくれます。ホコリが溜まってる状態だとエアコンから変な音がするようになったり、冷風や暖気が弱くなったりします。これらはエアコンの不調のサインなので、そんな状態になったら早めにクリーニングしてあげてくださいね。

空気の質の低下!

6-1. ホコリによる空気中の汚れ!

エアコンは空気を循環させるので、フィルターにホコリがたまると、そのホコリが空気中に放出されてしまいます。小さなホコリ粒子にはホコリダニや花粉が付着していることが多く、これらを吸い込むとアレルギーや喘息の発作を引き起こす可能性があります。特に、小さなお子様や高齢者、呼吸器系の疾患をお持ちの方は影響を受けやすいので注意が必要です。

6-2. カビによる胞子の放出!

エアコンが湿っぽい環境になると、カビが発生しやすくなります。カビが発生すると、空気中にカビ胞子が放出され、吸い込むことで喉の痛み、鼻水、咳などの症状が出たり、アレルギーを引き起こしたりする可能性があります。また、カビはエアコンの内部を腐食したり、悪臭の原因になったりします。

エアコンの音が大きくなる!

7-1. ホコリや汚れによる摩擦音!

エアコン内部にホコリや汚れがたまると、ファンやモーターとの摩擦が増えます。すると、思いがけない音が発生して、うるさくなるのです。まるで「ゴロゴロ」「キーキー」といった音が、エアコンから聞こえてきますよ。

7-2. フィルターの詰まりによる風量低下!

ホコリや汚れがエアコンのフィルターに詰まると、風量が低下します。エアコンって、冷房や暖房で快適な温度にするために、部屋の空気を吸い込んで吹き出す仕組みなんです。でも、フィルターが詰まると吸い込みにくくなるから、風量も減ってしまうんだな。

冷えづらくなる!

エアコンを掃除しないと、冷えづらくなってしまいます。その理由は 2 つあります。

8-1. フィルターの詰まりによる空気の流れの阻害!

エアコンのフィルターが詰まると、空気が通りにくくなってしまいます。まるで息苦しいマスクをしているようなものです。すると、エアコンが部屋の空気を吸い込んで冷やして戻すというサイクルがうまくいかなくなってしまいます。

例えば、ホコリやペットの毛がフィルターに詰まっていたり、長期間掃除していないと、空気の流れが大幅に阻害されて、エアコンが本来の能力を発揮できなくなってしまうのです。

8-2. 熱交換率の低下による冷却効率の低下!

フィルターの詰まりに加えて、エアコンを掃除しないと、熱交換率が低下して冷却効率が落ちてしまいます。熱交換器と呼ばれる部分は、冷媒を循環させて空気を冷やす部分ですが、汚れがたまると熱の伝導率が低下してしまうのです。

まるで汚れた窓ガラスが太陽光を遮ってしまうように、汚れた熱交換器は外気の熱を取り込む能力が低下してしまいます。その結果、エアコンがいくら頑張っても、部屋を十分に冷やすことができなくなるのです。

エアコンクリーニングの重要性

おうち時間の快適さを左右するエアコン。でも、ちゃんとクリーニングしていますか?エアコンクリーニングを怠ると、思わぬ困った事態を引き起こす恐れがあるんです。今回は、エアコンクリーニングを怠ると起こりうる10のデメリットをご紹介します。

1. 冷暖房効率の低下

エアコン内部が汚れで詰まると、冷たい空気がちゃんと出てこなくなります。すると、いくらエアコンをガンガンかけても、部屋がいまいち涼しくないなんてことに…。逆に、暖房時は温かい空気が出てこなくなって、寒くて震えるはめに。

2. 電気代の増加

冷暖房効率が下がると、エアコンはより多くの電力を消費して頑張って動きます。その結果、電気代がグングン上昇してしまう恐れが。おサイフにも優しくないですね。

3. カビや雑菌の増殖

エアコン内部は湿気がこもりやすく、カビや雑菌の繁殖に最適な環境です。定期的にクリーニングしないと、カビの胞子が室内に放出され、健康被害につながることも…。特に、喘息やアレルギーのある方は要注意!

4. 嫌な臭い発生

カビや雑菌が繁殖すると、エアコンから嫌な臭いが発生することがあります。この臭いを嗅ぐと、気分が悪くなったり、頭が痛くなったりする人も。

5. 喉の痛みやせき

エアコン内部にカビが繁殖すると、その胞子を吸い込んで喉の痛みやせきなどの症状が出る場合があります。さらに、カビの胞子はアレルギー反応を引き起こすこともあり、くしゃみや鼻水も出ることに…。

6. エアコン寿命の短縮

エアコン内部の汚れは、機械の故障を早めます。汚れたまま使い続けると、エアコンの寿命がグンと縮んでしまいます。お気に入りのエアコンを長く大事に使いたいなら、定期的なクリーニングが欠かせません。

7. 喘息やアレルギーの悪化

エアコン内部のカビや雑菌は、喘息やアレルギーの症状を悪化させる原因になります。特に、小さなお子さんや高齢者は注意が必要です。エアコンを快適かつ安全に使うためにも、こまめにクリーニングしましょう。

8. エアコンの故障

エアコン内部に汚れがたまると、機械的な故障を引き起こすことがあります。冷暖房が効かなくなったり、異音がしたり…なんてことにならないように、定期的なクリーニングで故障を未然に防ぎましょう。

9. 部屋のホコリ増加

エアコン内部にたまったホコリは、冷暖房時に室内に放出されます。すると、部屋のホコリがどんどん増えて、掃除が大変に。ホコリっぽさでくしゃみが出やすくなったり、肌荒れしたりすることもあります。

10. エアコン臭の付着

エアコン内部のカビや雑菌の臭いが服やカーテンなどに付着すると、嫌な臭いが取れにくくなってしまいます。エアコンをしっかりクリーニングしておけば、お気に入りの衣類やファブリックも臭いから守れます。

エアコンを快適かつ健康的に使うためには、定期的なクリーニングが不可欠です。数年に1度は業者さんに頼んでプロのクリーニングをしてもらうのがおすすめです。これで、エアコンの寿命も延びて、おうち時間をもっと快適に過ごせますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました