PR

エアコンのカビ掃除は自分でできる?役立つ10のテクニックで清潔に!

  1. エアコンのカビ退治を自分でできるの?
    1. 1. エアコンを電源から抜く
    2. 2. フィルターを外す
    3. 3. ドレンパンを掃除する
    4. 4. フィンを掃除する
    5. 5. 送風口を掃除する
    6. 6. 吹き出し口を掃除する
    7. 7. 熱交換器を掃除する
    8. 8. ファンを掃除する
    9. 9. エアコンを乾燥させる
    10. 10. 定期的に掃除する
  2. 1. ヘアドライヤーで乾燥させる
    1. 1-1. 内部部品の湿度を下げてカビの増殖を防ぐ
    2. 1-2. 熱風に直接当てて乾燥させる
  3. 2. 重曹でフィルターを掃除する
    1. 2-1. 除湿効果でカビの発生を防ぐ
    2. 2-2. フィルターに重曹を振りかけて掃除機で吸い取る
  4. 3. 酢でカビの殺菌
    1. 3-1. スプレーボトルに入れて内部に噴霧する
    2. 3-2. ぬるま湯で希釈して内部を拭く
  5. 4. 定期的なフィルター掃除でカビ予防
    1. 4-1. ホコリや汚れを溜めないことがカビ対策
    2. 4-2. 月に1回程度、掃除機や水洗いを行う
  6. 5. カビ取りスプレーで簡単除去
    1. 5-1. 市販のカビ取りスプレーを使用する
    2. 5-2. 取扱説明書に従って内部に噴射する
  7. 6. 漂白剤で除菌
    1. 6-1. 漂白剤を水で希釈してスプレーボトルに入れる
    2. 6-2. 部品を外して漂白剤スプレーを吹きかける
  8. 7. アルコールで拭き取り
    1. 7-1. アルコールをスプレーボトルに入れて吹きかける
    2. 7-2. 拭き取り布で内部を拭き上げる
  9. 8. エッセンシャルオイルで香りも良く
    1. 8-1. エッセンシャルオイルを水で希釈してスプレーボトルに入れる
    2. 8-2. 内部やフィルターに吹きかけて除菌・消臭する
  10. 9. 歯ブラシで細かい部分の掃除
    1. 9-1. 歯ブラシにカビ取りクリーナーを付けて細かい部分を掃除する
    2. 9-2. フィンの奥や送風口もしっかり拭き取る
  11. 10. カビ取りクリーナーで徹底除去
    1. 10-1. 市販のカビ取りクリーナーを使用する
    2. 10-2. 取扱説明書に従ってエアコンの内部に注入する
  12. 【「エアコンのカビ掃除は自分でできる?役立つ10のテクニックで清潔に!」のまとめ】
    1. 1. フィルターのクリーニングで基本を固める
    2. 2. フィンのお掃除スプレーで汚れを撃退
    3. 3. ドレンパンの掃除で水垢とカビを撃退
    4. 4. 送風ファンの掃除でカビを根絶
    5. 5. 熱交換器の洗浄でカビ繁殖を抑制
    6. 6. エアコン内部の洗浄で徹底殺菌
    7. 7. 洗浄後はしっかり乾燥させる
    8. 8. 市販のカビ取り剤でさらに徹底殺菌
    9. 9. 継続的な換気でカビの繁殖を抑える
    10. 10. プロのエアコンクリーニングで徹底的に清潔に

エアコンのカビ退治を自分でできるの?

カビだらけのエアコンから出てくる空気を吸い込むのは、健康にも気分にもよくありませんよね。でも、自分でカビ掃除ができるか不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

ご安心ください!エアコンのカビ掃除は、適切な道具とテクニックがあれば、自分でできます。こちらでは、エアコンを清潔に保つための役立つ10のテクニックをご紹介します。

1. エアコンを電源から抜く

まずは、安全のためにエアコンの電源をコンセントから抜いてください。感電の危険を防ぐために、この手順は必ず行ってくださいね。

2. フィルターを外す

エアコンの前面パネルを開け、フィルターを取り外します。フィルターには、埃やほこりがたくさんついているので、掃除機でゴミを吸い取るか、水洗いして干しておきましょう。

3. ドレンパンを掃除する

フィルターの後ろにあるドレンパンには、結露した水がたまるようになっています。このドレンパンにカビが発生することが多いので、お湯と漂白剤の溶液を流し込んで、ぬめりを落としましょう。

4. フィンを掃除する

エアコンの室外機には、熱交換用のフィンがあります。フィンにはホコリやゴミが詰まりやすく、カビの繁殖の原因になります。柔らかいブラシや歯ブラシで汚れを掻き出し、水で洗い流しましょう。

5. 送風口を掃除する

エアコンの送風口も、カビや埃が溜まりやすい場所です。掃除機で埃を吸い取った後、除菌用のアルコールスプレーで拭き取ってください。

6. 吹き出し口を掃除する

吹き出し口は、エアコンから風が吹き出す部分です。ここにカビが発生すると、部屋中にカビの胞子をまき散らします。掃除機で埃を吸い取った後、濡らした雑巾で拭き取ってください。

7. 熱交換器を掃除する

熱交換器は、エアコンの心臓部です。ここが汚れると、エアコンの効きが悪くなったり、カビの繁殖につながったりします。柔らかいブラシや歯ブラシで汚れを掻き出し、水で洗い流しましょう。

8. ファンを掃除する

ファンの汚れも、エアコンの効きを悪くします。掃除機で埃を吸い取った後、濡らした雑巾で拭き取ってください。

9. エアコンを乾燥させる

掃除が終わったら、エアコンの内部を十分に乾燥させることが大切です。送風モードで数時間運転し、内部の水分を蒸発させてくださいね。

10. 定期的に掃除する

エアコンのカビ掃除は、定期的に行うことで効果を維持できます。月に一度程度、フィルターの掃除や送風口の拭き掃除を行い、カビの繁殖を防ぎましょう。

これらのテクニックを駆使すれば、エアコンを清潔で快適に保つことができます。自分でカビ掃除に挑戦してみて、健康的な空気環境を手に入れましょう!

1. ヘアドライヤーで乾燥させる

1-1. 内部部品の湿度を下げてカビの増殖を防ぐ

エアコン内部に湿気がたまると、カビが増殖しやすい環境になります。ヘアドライヤーを使って内部部品を乾燥させると、湿度を下げてカビの増殖を防ぐことができますよ!

1-2. 熱風に直接当てて乾燥させる

ヘアドライヤーの熱風を、フィンやルーバーなどの内部部品に直接当てて乾燥させましょう。熱風がカビの胞子を殺し、乾燥させることで快適な空間作りに役立ちます!たとえば、送風口にヘアドライヤーのノズルを当てて熱風を吹き付けましょう。

2. 重曹でフィルターを掃除する

2-1. 除湿効果でカビの発生を防ぐ

重曹には吸湿性があり、湿気を吸い取ります。そのため、エアコンのフィルターに重曹を振りかけておくと、カビの発生を防ぐことができます。除湿器代わりにもなりますので、お部屋の湿度もコントロールできて一石二鳥!

2-2. フィルターに重曹を振りかけて掃除機で吸い取る

フィルターに薄く重曹を振りかけましょう。まんべんなく行き渡らせるのがポイントです。次に、掃除機で重曹を吸い取ります。これで、フィルターの汚れやカビの胞子が除去できます。掃除機がなければ、手で叩いて落とすだけでもOKですよ。

3. 酢でカビの殺菌

酢は家庭にある便利なカビ退治アイテムです。酸性の特性があるので、カビの菌糸に作用して殺菌してくれます。

3-1. スプレーボトルに入れて内部に噴霧する

酢をスプレーボトルに入れて、エアコンの内部に直接噴霧します。吹き出し口やフィルターに重点的に吹きかけて、隅々まで行き渡らせましょう。しばらく放置した後、乾いた布で拭き取ります。噴霧の際は、換気をして酢の刺激臭が部屋に充満することを防いでくださいね。

3-2. ぬるま湯で希釈して内部を拭く

酢をぬるま湯で希釈して、薄めた酢溶液を作ります。これを柔らかい布やスポンジに浸して、エアコンの内部を拭き取ります。吹き出し口やフィルターを丁寧に拭いて、カビを取り除きましょう。拭き終わったら、水拭きしてから乾かします。

4. 定期的なフィルター掃除でカビ予防

エアコンのカビを防ぐには、フィルターの定期的な掃除が欠かせません。

4-1. ホコリや汚れを溜めないことがカビ対策

フィルターがホコリや汚れで詰まると、風通しが悪くなり、湿気がたまってカビが繁殖しやすくなります。そのため、定期的にフィルター掃除をして、ホコリや汚れを溜めないことが大切です。

4-2. 月に1回程度、掃除機や水洗いを行う

フィルター掃除の頻度は、使用状況によって異なりますが、一般的には月に1回程度を目安に行うのがおすすめです。掃除機でホコリを吸い取るだけでも効果がありますが、さらに水洗いすることで汚れも落とせます。水洗いの際は、柔らかいブラシを使って優しくこすり、汚れを落としてください。その後、水気をしっかり切ってから、元に戻しましょう。

フィルター掃除を怠ると、カビだけでなく、エアコンの効きも悪くなるので、ぜひ定期的に行ってみてくださいね。

5. カビ取りスプレーで簡単除去

5-1. 市販のカビ取りスプレーを使用する

頑固なカビに対抗するために、市販のカビ取りスプレーを使ってみましょう。ドラッグストアやホームセンターで簡単に手に入ります。

5-2. 取扱説明書に従って内部に噴射する

スプレーの説明書に記載されている手順に従って、カビが生えている場所に直接スプレーします。通常、数分放置してから、きれいな乾いた布で拭き取るか、水で洗い流します。

**例:** 黒カビが発生したエアコンの内側のフィンにカビ取りスプレーを吹きかけ、10分放置します。その後、ぬるま湯で洗い流します。すっきりした清潔なフィンが復活します!

6. 漂白剤で除菌

エアコンに付着した雑菌やカビを根こそぎ退治するために、漂白剤の除菌力を活用しましょう!

6-1. 漂白剤を水で希釈してスプレーボトルに入れる

市販の塩素系漂白剤を、水で希釈しましょう。目安としては、漂白剤1に対して水9の割合です。そうすることで、エアコンを傷めずに効果的に除菌できます。希釈した漂白剤をスプレーボトルに入れておきましょう。

6-2. 部品を外して漂白剤スプレーを吹きかける

エアコンのフィルターや吹き出し口など、取り外し可能な部品はすべて取り外します。そして、希釈した漂白剤スプレーを全体にまんべんなく吹きかけましょう。特に、カビや汚れが気になるところには、念入りに吹きかけましょう。吹きかけた後は、しばらく放置し、除菌効果を発揮させます。

7. アルコールで拭き取り

汚れがひどくない場合は、アルコールで拭き取るのが効果的です。

7-1. アルコールをスプレーボトルに入れて吹きかける

70%以上の濃度の消毒用アルコールをスプレーボトルに入れましょう。エアコンの内部に噴射します。カビの発生している部分や、ホコリがたまりやすい送風口や吹き出し口を重点的に噴射すると良いですよ。

7-2. 拭き取り布で内部を拭き上げる

柔らかい布にアルコールを少し染み込ませて、エアコンの内部を拭き上げます。特に、送風口や吹き出し口などの凹凸した部分や、ホコリがたまりやすいフィルターの隙間を丁寧に拭きましょう。アルコールが蒸発すると嫌な臭いが消えて、衛生的になります。

8. エッセンシャルオイルで香りも良く

8-1. エッセンシャルオイルを水で希釈してスプレーボトルに入れる

エアコンのカビ掃除に、エッセンシャルオイルが役立ちます。お好みのエッセンシャルオイルを水で希釈し、スプレーボトルに入れましょう。例えば、すっきりとした香りのユーカリオイルや、さわやかなレモングラスオイルがおすすめです。

8-2. 内部やフィルターに吹きかけて除菌・消臭する

希釈したエッセンシャルオイルスプレーを、エアコンの内部やフィルターに吹きかけましょう。カビの繁殖を抑え、嫌な臭いも消してくれます。また、エッセンシャルオイルのさわやかな香りが部屋中に広がって、気分をリフレッシュできます。

たとえば、ティートリーオイルは抗菌作用に優れ、エアコンに発生しがちなカビの繁殖を抑えます。さらに、その爽やかな香りで、お部屋を清々しい香りに包みます。

9. 歯ブラシで細かい部分の掃除

エアコンのカビ掃除では、細かい部分の掃除も欠かせません。そんな時は、歯ブラシの出番です!

9-1. 歯ブラシにカビ取りクリーナーを付けて細かい部分を掃除する

歯ブラシに市販のカビ取りクリーナーを少量つけましょう。エアコンのフィンや送風口の細かい部分は、歯ブラシでゴシゴシこするとカビが簡単に落ちます。

9-2. フィンの奥や送風口もしっかり拭き取る

フィンや送風口の奥は、意外と汚れがたまりやすい場所です。歯ブラシを奥まで差し込んで、しっかり汚れをかき出しましょう。細かいホコリやカビを取り除くことで、エアコンの効率もアップします。

10. カビ取りクリーナーで徹底除去

10-1. 市販のカビ取りクリーナーを使用する

エアコンの内部のカビを取り除くために、市販のカビ取りクリーナーを使用しましょう。ホームセンターやドラッグストアで購入できます。スプレータイプや泡タイプなど、さまざまな種類がありますので、エアコンのタイプに合わせて選びましょう。

10-2. 取扱説明書に従ってエアコンの内部に注入する

カビ取りクリーナーの使用方法は、製品によって異なります。必ず取扱説明書に従って使用しましょう。一般的には、フィルターを外したエアコンの内部にクリーナーを注入します。すると、クリーナーがエアコン内部の熱交換器や送風ファンなどに付着したカビを溶かしてくれます。

具体的な手順としては、以下のような流れです。

  1. エアコンの電源を切り、プラグを抜きます。
  2. フィルターを外します。
  3. カビ取りクリーナーを製品の説明書に従って注入します。
  4. しばらく放置します(製品の説明書に従ってください)。
  5. 水でクリーナーを洗い流します。
  6. フィルターを取り付け、電源を入れます。

【「エアコンのカビ掃除は自分でできる?役立つ10のテクニックで清潔に!」のまとめ】

1. フィルターのクリーニングで基本を固める

エアコンのフィルターは、カビの温床になりやすいので、定期的に掃除しましょう。掃除機でゴミを吸い取り、ぬるま湯で洗い流し、風通しの良い場所で乾かしましょう。

2. フィンのお掃除スプレーで汚れを撃退

エアコンのフィンは、汚れやカビがたまります。フィンのお掃除スプレーを吹きかけて汚れを浮かせ、ぬれタオルで拭き取りましょう。

3. ドレンパンの掃除で水垢とカビを撃退

ドレンパンは、エアコンから排出される水を排出する場所です。水垢やカビがたまりやすいので、ぬるま湯とブラシで掃除しましょう。

4. 送風ファンの掃除でカビを根絶

送風ファンは、空気を循環させる部分です。ホコリやカビがたまるので、綿棒や掃除機で掃除しましょう。

5. 熱交換器の洗浄でカビ繁殖を抑制

熱交換器は、冷房や暖房を行う部分です。カビが繁殖しやすいので、フィンのお掃除スプレーを吹きかけて掃除しましょう。

6. エアコン内部の洗浄で徹底殺菌

エアコン内部は、カビのすみかになります。市販のエアコンクリーナーを使って、エアコン内部を殺菌・洗浄しましょう。

7. 洗浄後はしっかり乾燥させる

エアコン内部を掃除したら、しっかり乾燥させましょう。送風運転を長めにしたり、ドライヤーで吹きかけたりして、内部の水分を取り除きましょう。

8. 市販のカビ取り剤でさらに徹底殺菌

エアコン内部の掃除だけでは取り切れないカビもあります。市販のカビ取り剤を吹きかけて、さらに徹底殺菌しましょう。

9. 継続的な換気でカビの繁殖を抑える

エアコンを使わないときも、窓を開けて換気をしましょう。湿気がたまるとカビが発生しやすくなります。

10. プロのエアコンクリーニングで徹底的に清潔に

自分でできる掃除では限界があります。気になる場合は、プロのエアコンクリーニング業者に依頼して徹底的に掃除してもらいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました