PR

**なぜ家がカビだらけになるの?** 湿気対策で快適な空間をゲット!

なぜ家はカビだらけになるの?

おうちがカビだらけになってしまうのには、大きな秘密があるんです。その秘密とは…実は**「水分」**なんです!

1-1. 水分がカビの養分

カビは、小さな生き物で、食べ物として水分が必要なんです。おうちの中に水分があると、カビはそれをパクパク食べて、どんどん大きくなって繁殖しちゃうんです。

例えば、洗濯物を部屋干しすると、洗濯物から水分が蒸発して、おうちの中が湿っぽくなります。他にも、お風呂やキッチンで水を使うと、やっぱり水分が飛び散ります。

1-2. カビは水分の多い場所で繁殖

カビは特に、湿気の多い場所が大好きなんです。例えば、お風呂場やキッチン、クローゼットの中など、ジメジメしたところはカビにとってパラダイス!窓や扉が閉まっていて、空気が通らないような場所は、湿気がこもりやすくて、カビにとってはさらに快適なお部屋になりがちです。

だから、おうちのカビを防ぐには、まずおうちの水分を減らすことがとっても大事なんです!

2-1. 湿度が高い場所

カビは、湿度が高い場所を大好物!湿度は、空気中の水蒸気の量で、パーセントで表されます。カビが元気に育つには、湿度が60%以上が必要です。

例えば、お風呂場や洗面所など、水を使う場所はどうでしょう?水蒸気がたくさん発生するため、湿度が上がりやすいですよね。また、雨の多い時期や、ジメジメした夏場も、家の湿度が上がりやすいです。

2-2. 結露しやすい場所

もう一つ、カビが好む場所が、結露しやすい場所。結露とは、空気中の水蒸気が冷やされて水滴になる現象です。

窓ガラスや壁など、外気と室内の温度差が大きい場所では、結露が発生しやすいです。結露した水滴は、カビの絶好の餌場になります。窓のふき取りをサボったり、玄関の靴べらに水が溜まっていたりすると、結露の温床になってしまうので要注意ですよ!

カビの原因になる湿度

お家にカビが生えちゃうのは嫌ですよね。でも、その原因って知っていますか?実は、カビの発生には湿度が大きく関係しているんです。

3-1. 加湿器の使用

冬になると空気が乾燥しがち。そんな時、加湿器を使って部屋の湿度を上げる人も多いと思います。でも、加湿器を使いすぎると、部屋の湿度が上がりすぎてカビが生えやすくなります。加湿器を使う際は、部屋の湿度が60%以下になるように調節することが大切です。

3-2. 人間の汗や呼気

実は、私たち人間からも湿気が発生しています。汗をかいたり、息を吐いたりするたびに、空気中に水分が放出されるんです。特に梅雨の時期や夏場などは、人間から出る湿気の量も増えます。そのため、人が多く集まる場所や、換気が悪い部屋はカビが生えやすい環境になります。

カビを好むその他の条件

カビは、湿気だけでなく、いくつかの特定の条件下でよく繁殖します。それをご紹介しましょう!

4-1. 暗い場所

カビは暗い場所を好みます。光がないと胞子が発芽できないからです。そのため、クローゼットや浴室の隅など、光が届きにくい場所によく発生します。

具体例:日当たりの悪い部屋のカーテンの裏側に、黒いカビの斑点ができてしまった。

4-2. 適した温度

カビは、15~30℃の適温で繁殖します。したがって、夏や秋のじめじめした季節に発生しやすくなります。また、暖房の効いた部屋や、通気性の悪いクローゼットもカビの温床になりえます。

具体例:冬の寒さで、閉め切った部屋の押入れに、白いモコモコしたカビが生えてしまった。

カビが生存するためのもの

カビは、ありとあらゆる所にいる微生物で、目に見えないほど小さな糸状菌です。このカビが繁殖するには、いくつかの必須条件が必要です。

5-1. 酸素

カビは、他の生き物と同じように酸素を必要としています。空気中には十分な酸素がありますが、クローゼットや密閉された部屋など、空気の循環が悪い場所では、カビの繁殖を助長する可能性があります。

5-2. 栄養源

カビは、有機物をエサにしています。紙、木製品、布、食べ残しなどは、カビにとって絶好のエサ場です。湿度が高いと、有機物が水分を吸収し、カビが栄養を得やすくなります。カビは、特にセルロースやリグニンといった物質を好みます。セルロースは紙や木材に多く含まれ、リグニンは木材の構造を支える成分です。

【なぜ家はカビだらけになるの?のまとめ】

カビは、ジメジメした場所を好む小さな微生物です。家の中のカビは、主に湿気が原因で発生します。湿気が多い場所では、カビが胞子を放出し、それが空気中に浮遊し、家中のさまざまな場所に付着して繁殖します。

カビが生えやすい場所

カビは、湿度が高くて暖かい場所を特に好みます。主な発生場所は次のとおりです。

  • 浴室
  • キッチン
  • 地下室
  • 屋根裏部屋
  • 窓枠
  • 壁の隙間
  • カビの健康への影響

カビは、アレルギーや喘息の原因となることがあります。また、カビが放出するマイコトキシンという毒素は、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

カビ予防の対策

カビを防ぐには、家の湿気を管理することが重要です。そのための対策を以下に示します。

  • **換気をよくする:**浴室やキッチンでは、換気扇や窓を開けて換気を促し、湿気を逃がしましょう。
  • **除湿器を使用する:**除湿器は、部屋の湿気を吸収し、カビの発生を防ぎます。
  • **水漏れを素早く修理する:**屋根やパイプの水漏れは、家の湿度の原因になります。すぐに修理しましょう。
  • **結露を防止する:**窓や壁に結露が発生する場合は、断熱材を追加したり、空気の循環を改善したりして、結露を防ぎましょう。
  • **カビが生えた部分を掃除する:**カビが生えたら、すぐに漂白剤や市販のカビ除去剤で掃除しましょう。放置すると、カビがさらに繁殖して健康被害につながる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました