PR

お掃除付きエアコンの意外なデメリット 知られざる故障リスク

お掃除付きエアコンの意外なデメリットとは?

誰もがエアコンにホコリがたまると嫌ですよね? でも、お掃除付きエアコンでも実はホコリが原因で故障リスクがあるんです。

ホコリがエアコンを壊しちゃうの?

お掃除付きエアコンは、エアコン内部のホコリを自動で掃除してくれる便利な機能です。しかし、このホコリを掃除する機能が、実は故障の原因になってしまうこともあるんです。

例えば、エアコン内部にたまったホコリが、お掃除機能の部品に詰まってしまうと、エアコンが正常に動作しなくなることがあります。また、ホコリが詰まると、エアコンの風量が弱くなってしまったり、変な音がしたりすることがあります。最悪の場合、エアコンが全く動かなくなる可能性もあります。

1. お掃除機能付きエアコンは壊れやすい?

お掃除機能付きエアコンを使っていると、フィルターにホコリが溜まりやすくなると言われています。これにより、エアコンの内部が詰まってしまい、故障の原因になるとか。

例えば、フィルターがホコリで詰まると、エアコン内の空気がうまく循環せず、冷暖房効率が低下します。すると、エアコンがさらに頑張って運転することになり、故障リスクが高まるのです。

フィルターにホコリが溜まりやすい?

お掃除機能付きエアコンは、エアコン内部のホコリを自動的に回収する機能があります。しかし、このお掃除機能が不十分だと、ホコリがフィルターに溜まってしまうことがあります。

特に、ペットを飼っていたり、喫煙者だったりする家庭では、ホコリや毛が大量に発生するため、フィルターが目詰まりしやすい傾向があります。

油や湿気も故障の原因になるって本当?

お掃除機能付きエアコンは、油汚れや湿気にも弱いと言われています。

例えば、調理中に発生する油汚れは、エアコンの内部に付着して故障の原因になります。また、湿気が多い環境では、エアコンの内部にカビが発生し、故障につながる可能性があります。

特に、キッチンや浴室など、油汚れや湿気が多い場所にエアコンを設置するのは避けましょう。

2. ホコリがフィルターを詰まらせるってどういうこと?

エアコンのお掃除機能付きモデルでは、フィルターにホコリが溜まると、以下のようなことが起こります。

ホコリの団子が故障を招く?

お掃除機能付きエアコンは、フィルターに溜まったホコリを自動的に取り除きます。しかし、ホコリが大量に溜まると、取り除くのが間に合わず、フィルター内にホコリの団子ができてしまうことがあります。この団子が大きくなると、エアコン内部のセンサーや部品を塞いでしまい、故障の原因となるのです。

例えば、温度センサーが塞がれると、エアコンが室温を正しく感知できず、適切な温度調節ができなくなります。さらに、排水ホースが塞がれると、エアコンから発生した水滴が排出されず、室内をジメジメさせたり、カビの原因となったりします。

ホコリの大きさが故障に関わるの?

ホコリの大きさも、故障リスクに影響します。一般的に、細かいホコリほどフィルターの目詰まりを引き起こしやすく、詰まるとエアコンの風量が低下したり、異音が発生したりします。

一方、大きなホコリはフィルターに溜まりにくいですが、一度詰まると大きな団子になりやすく、センサーや部品を塞ぐ可能性が高まります。そのため、エアコンのフィルターは定期的に掃除して、ホコリが溜まりすぎないようにすることが大切です。

3. お掃除中にホコリが詰まるってどういうこと?

エアコンのお掃除機能は、中に溜まったホコリを除去して、清潔な空気を送るために搭載されています。しかし、このお掃除機能自体が逆に問題を引き起こすことがあります。

お掃除機能が稼働すると、エアコン内部のホコリを吸い取ります。このとき、ホコリがフィルターに溜まりすぎてしまうと、空気の通りが悪くなり、エアコンが正常に動作しなくなります。

たとえば、エアコンをつけたのに風がほとんど出ない、異音がする、冷えない/暖まらないといったトラブルが発生したら、お掃除機能が原因の可能性があります。定期的にフィルター掃除をして、ホコリが詰まらないようにすることが大切です。

動かなくなったらお掃除機能のせい?

お掃除機能が詰まってエアコンが動かなくなったら、まずはフィルターを掃除しましょう。それでも動かない場合は、お掃除機能が故障している可能性があります。

お掃除機能の故障は、主にモーターの不具合やセンサーの誤作動などが原因です。症状としては、お掃除機能が作動しない、変な音がする、動作が途中で止まるなどが挙げられます。

お掃除機能が故障しやすいってどういうこと?

実は、お掃除機能付きのエアコンは、そうでないエアコンよりも故障しやすいと言われています。その理由は、お掃除機能自体が複雑な構造をしているためです。

お掃除機能のモーターやセンサーは常に稼働しており、部品に負荷がかかりやすいのです。そのため、経年劣化や使用頻度によっては、故障が発生しやすいのです。

4. お掃除付きエアコンの意外な弱点とは?

お掃除機能は必要ないの?

お掃除付きエアコンは、その名のとおりエアコン内部の掃除をしてくれる機能が備わっています。毎日使う人にとっては、掃除の手間が省ける便利な機能に思えるかもしれません。

しかし、実はお掃除機能は不要だと考える人も少なくありません。というのも、埃や汚れが詰まって故障するリスクがあるからです。お掃除機能が埃をうまく取り除けていない場合、そのまま放置すると故障の原因になる可能性があります。

お掃除機能付きエアコンは故障しやすい?

お掃除付きエアコンは、お掃除機能がないエアコンよりも故障しやすいと言われています。その理由は、先ほどお伝えしたようにお掃除機能が埃をうまく取り除けていない場合、故障するリスクがあるためです。

また、お掃除機能の構造が複雑なため、その分故障しやすいという側面もあります。そのため、お掃除付きエアコンを選ぶ際は、故障リスクを考慮することが大切です。

お掃除付きエアコンの意外なデメリット

お掃除付きエアコンは、掃除の手間が省けて便利ですよね。しかし、その便利な機能の裏には、意外なデメリットが潜んでいるんです。

故障リスクが上昇

お掃除付きエアコンは、自動的に掃除をするために、一般的なエアコンより内部構造が複雑です。そのため、故障するリスクも高くなります。例えば、掃除用のブラシが故障したり、モーターが過負荷になったりすると、エアコンが正常に稼働しなくなる可能性があります。

冷却・暖房効率の低下

お掃除機能のために、エアコン内部に掃除用のパーツが取り付けられています。これが、エアコンの風路を塞いでしまうことで、冷却・暖房効率が低下してしまう場合があります。特に、長期的に使用していると、汚れが蓄積してさらに効率が落ちることがあります。

電気代の増加

お掃除機能を使用すると、エアコンの消費電力が上昇します。これは、掃除用のパーツを動かすモーターが電力を消費するためです。使用頻度が高いほど、電気代の増加も大きくなります。

フィルターの掃除が必要

お掃除付きエアコンでも、通常のエアコンと同じようにフィルターは付いています。このフィルターは、ホコリや花粉などの汚れを吸着する役割があります。お掃除機能があっても、フィルターの手入れを怠ると、汚れが蓄積して冷却・暖房効率を低下させたり、カビの発生の原因になったりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました