PR

エアコンクリーニングの「やってはダメ」15箇条!安全・効果的なクリーニング方法で快適な空気環境へ

安全で効果的なエアコンクリーニングの「やってはダメ」15箇条

暑い夏も寒い冬も、私たちの暮らしに欠かせない家電「空调き」。定期的にクリーニングをしてあげれば、いつも清々しい空気を送り続けてくれるんです。でも、このクリーニング、ちょっと気を抜くと大変なことになっちゃうんです。ここでは、そんな失敗を防ぐための「やってはダメ」15箇条をお教えします!

1-1. 電源を入れたまま作業しない

「ちょっとだけだから…」なんて思って、うっかりスイッチを入れたままお掃除を始めると、感電の恐れがあります!クリーニングを始める時は、必ずコンセントからプラグを抜いてくださいね。

1-2. 火を使わない

火を使うと、樹脂部品が溶けたり、内部に引火したりして、最悪の場合、火災につながります。エアコンの掃除に火なんて、も~絶対ダメですよ!

エアコン内部のお手入れ

フィルターはこまめに洗いましょう

エアコン内部で最も目詰まりしやすいのが、空気中のホコリや汚れを吸着する「エアコン用空気清浄機」です。定期的に掃除機などでホコリを取り除き、2週間に一度は水洗いしましょう。汚れを放置するとエアコンの能力が低下したり、異臭が発生したりします。

酸は使わないようにしましょう

エアコン用の洗剤として酸性のものがありますが、使用の際は注意が必要です。エアコン内部のパーツやフィンが酸によって腐食したり、故障の原因になったりすることがあります。中性洗剤など、酸性の弱いものを使用することがおすすめです。

部品の取り扱い

3-1. 羽根を無理に曲げない

エアコンの羽根はデリケートなため、無理に曲げると破損したり、変形したりする恐れがあります。掃除機などでゴミを吸い取る際は、やわらかいブラシなどを使い、優しくなでるようにしてください。

3-2. 尖ったものを挿入しない

ドライヤーのノズルやピンセットなどの尖ったものを羽根やフィンに挿入すると、傷がついたり、貫通したりしてしまいます。絶対に避けましょう。フィンにこびりついた汚れは、柔らかい歯ブラシやエアコン用洗浄スプレーで丁寧に落としてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました