PR

エアコンを一年掃除しないとどうなる?電気代増・カビ発生・効き悪化・故障リスクも!

エアコンを1年掃除しないとヤバい10のリスク!

エアコンを1年も掃除しないと、さまざまな問題が発生する可能性があります。そのリスクを10個ご紹介します!

1-1. 電気代25%増!

エアコンのフィルターが汚れていると、空気の流れが悪くなって冷暖房の効率が低下します。そのため、より多くの電力を消費して同じ温度を維持する必要があり、結果的に電気代が25%も増加する可能性があります!電気代は気にしたいですよね。

1-2. 冷暖房の効き悪化

フィルターが汚れていると、冷たい空気や暖かい空気が部屋に行き渡りにくくなります。つまり、夏の暑い日にエアコンをつけても涼しくならず、冬の寒い日に暖房をつけても暖まらないということになります。快適に過ごせなくなちゃいますね。

エアコン掃除不足でカビの温床に

エアコンを一年も掃除しないと、カビや菌が繁殖してしまうんです。カビは、咳やくしゃみ、喘息などの健康被害を引き起こす可能性があります。また、エアコンから放出されるカビ臭で、気分が悪くなったり、頭痛がしたりすることもあるんです。

2-1. カビや菌の繁殖で健康被害

エアコンは、室内の空気を吸い込んで冷やしたり温めたりしています。汚れたエアコンを使うと、カビや菌が混じった空気を吸い込んでしまうことになります。これが健康被害につながってしまうんです。特に、喘息やアレルギーのある人は注意が必要です。

2-2. 嫌なニオイの原因に

カビや菌は、嫌なニオイを発生させます。エアコンからカビ臭がしたら、それはエアコンの中にカビが生えている証拠です。このニオイを吸い込むと、気分が悪くなったり、頭痛がしたりします。また、カビ臭い部屋は、居心地が悪いですよね。

エアコンを一年掃除しないとどうなる?電気代増・カビ発生・効き悪化・故障リスクも!

3-1. 空気中のホコリや花粉の増加

エアコンのフィルターにホコリが溜まると、空気中に舞い上がるホコリや花粉の量が増えます。これらの粒子を吸い込むと、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が出やすくなります。とくに、花粉症の方は要注意です!エアコンのフィルターが汚れていると、花粉が部屋中に飛び散ってしまい、辛い症状を悪化させてしまうのです。

3-2. アレルギーや喘息の悪化

ホコリや花粉だけでなく、エアコン内部にはカビやダニも繁殖しがちです。これらのアレルゲンを吸い込むと、アレルギーや喘息の症状が悪化することがあります。特に、小さいお子さんやご高齢の方は、喘息の発作を起こすリスクが高まりますので、エアコンの掃除は怠らないようにしましょう。

ニオイが気になるエアコンは要注意

エアコンから気になるニオイを感じたら、要注意ですよ!

4-1. フィルターの汚れによる嫌なニオイ

フィルターがホコリや汚れで詰まると、空気がうまく循環できなくなります。すると、カビや雑菌が繁殖して、エアコンからイヤなニオイが放出されるんです。まるで生ゴミを放置したようなニオイになることも…。

4-2. 動作音の増加

フィルターが汚れると、エアコンの吹き出し口から異音が発生することがあります。ゴーゴーという音や、カタカタという振動音が聞こえてくるのは、フィルターの汚れが原因かもしれません。

ニオイや異音が出たら、フィルターの掃除をしましょう。エアコンの効率がアップして、電気代節約にもつながりますよ♪

エアコンの寿命が縮むのはなぜ?

5-1. 汚れによる故障リスク

エアコンは基本的にはホコリやカビなどの汚れに弱いんです。

ホコリがフィルターにびっしり詰まってしまうと、空気の通り道がふさがってしまいます。すると、エアコンは本来の性能を発揮できず、故障するリスクが高まるんですよ。

5-2. 微粒子が詰まりで故障

さらに厄介なのが、ホコリよりも小さい、PM2.5などの微粒子です。

この微粒子はフィルターを通り抜けて本体の奥に入り込み、電子基板に付着します。すると、電子回路に悪影響を及ぼして、故障の原因になるんです。

例えば、コンデンサーに微粒子が付着すると、電気を蓄える能力が低下して、エアコンの電源が入らなくなったり、途中で止まってしまうという事態も。

エアコンを一年も掃除しないのは、故障のリスクをぐんと高めてしまうんですね。

使い方

  • 「目でご厄介不要棚なんのるるるるかれた数ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました