PR

**エアコンは10年で壊れる?** **実は10年以上も長持ちさせる秘訣を大公開!**

  1. エアコンが壊れるのは10年が目安?実は長持ちさせる秘訣って簡単だった!
    1. 1-1. エアコンの寿命は実は10年以上も持つこともある!
    2. 1-2. きちんとケアすれば、エアコンはもっと長持ちする!
  2. 2. エアコンの効きを長持ちさせる方法は意外と簡単!
    1. 2-1. 定期的にエアコンを掃除する!
    2. 2-2. フィルターはこまめに掃除する!
  3. 3. エアコンのリスクを下げるためには、定期的なメンテナンスが必要!
    1. 3-1. プロにエアコンの点検をしてもらいましょう!
    2. 3-2. 室外機も忘れずに掃除しましょう!
    3. **4-1. エアコンの設定温度を適切に保ちましょう!**
    4. **4-2. エアコンをつけっぱなしにはしないようにしましょう!**
  4. 5-1. エアコンのフィルターを掃除しないこと
  5. 5-2. エアコンを過酷な環境で使用すること
  6. 6. エアコンの寿命を延ばすための設置の秘訣
    1. 6-1. 日当たりの良い場所にエアコンを設置しましょう!
    2. 6-2. 室外機は風通しの良い場所に設置しましょう!
  7. 7. エアコンの寿命を延ばすためには、適切なフィルターの選び方が重要!
    1. 7-1. フィルターのタイプを正しく選びましょう!
    2. 7-2. フィルターの交換時期を守りましょう!
  8. 9. エアコンの寿命を延ばすためには、適切な湿度管理が必要!
    1. 9-1. エアコンの除湿機能を活用しましょう!
    2. 9-2. 加湿器で部屋の湿度を調整しましょう!
  9. 【「エアコンは10年で壊れる?」のまとめ】

エアコンが壊れるのは10年が目安?実は長持ちさせる秘訣って簡単だった!

1-1. エアコンの寿命は実は10年以上も持つこともある!

皆さんは、「エアコンは10年で壊れる」という話を聞いたことがあるでしょうか?実はこれ、本当ではないんです。エアコンの平均寿命は、なんと10年以上と言われています。もちろん、使い方やメンテナンスによっては寿命も変わってきますが、きちんとケアすれば、10年以上も快適に使い続けることができるんです。

1-2. きちんとケアすれば、エアコンはもっと長持ちする!

では、エアコンを長持ちさせる秘訣って、いったい何でしょうか?実はとっても簡単なんです。

  • **フィルターを定期的に掃除する:**エアコンのフィルターには、ホコリや花粉が溜まりやすくなります。これを放置していると、風量が低下したり、異音がしたり、最悪の場合は故障の原因にもなります。なので、フィルターは1~2週間に1回掃除するのがベストです。掃除機で吸い取ったり、水で洗ったりするだけでOK!
  • **室外機を掃除する:**室外機も、ホコリや枯れ葉で汚れます。汚れたままだと、エアコンの効率が低下してしまいます。なので、年に1~2回、室外機の周りを掃除してあげましょう。ホースで水をかけて流すだけで汚れが取れますよ!
  • **エアコンを長時間使わないときはコンセントを抜く:**エアコンは、コンセントを挿しているだけでもわずかに電気を消費しています。省エネのためにも、エアコンを長時間使わないときはコンセントを抜いておきましょう。
  • **プロのメンテナンスを受ける:**エアコンを長く使うには、プロのメンテナンスが欠かせません。プロは、エアコン内部の汚れを徹底的に掃除し、部品の点検・調整をしてくれます。年に1回は、プロのメンテナンスを受けるようにしましょう。
  • 2. エアコンの効きを長持ちさせる方法は意外と簡単!

エアコンが10年で壊れるというのは、よくある誤解です。実は、適切なお手入れをすれば、10年以上も長持ちさせることが可能です。ここでは、エアコンの効きを長持ちさせる秘訣を2つご紹介します。

2-1. 定期的にエアコンを掃除する!

エアコンはホコリや汚れが蓄積しやすいので、定期的に掃除することが大切です。汚れがたまると、エアコンの効率が低下し、効きが悪くなってしまいます。

掃除機を使って本体の外側を掃除するとともに、フィルターを取り外して水洗いしましょう。週に1回は掃除機をかける、月に1回はフィルターを洗うことがおすすめです。

2-2. フィルターはこまめに掃除する!

エアコンのフィルターは、空気中のホコリや花粉などをキャッチする役割があります。フィルターが詰まると、空気の流れが悪くなってエアコンの効きが弱くなります。

フィルターは2週間に1回は掃除機で掃除し、月に1回は水洗いしましょう。水洗い後は、よく乾かしてから取り付けてください。

この2つの秘訣を実践することで、エアコンの効きを長持ちさせることができます。エアコンが10年以上も快適に使えるように、ぜひ実践してみてくださいね!

3. エアコンのリスクを下げるためには、定期的なメンテナンスが必要!

エアコンを長く使いたいなら、定期的なメンテナンスは欠かせません。これを怠ると、故障のリスクが高まってしまいますよ。

3-1. プロにエアコンの点検をしてもらいましょう!

エアコンの点検は、プロにお任せするのが一番。年に1回程度、専門業者に来てもらって、内部の汚れや部品の緩みなどをチェックしてもらいましょう。プロならではの目線で、素人では見逃しがちな不具合も発見してもらえますよ。

3-2. 室外機も忘れずに掃除しましょう!

エアコンの本体だけでなく、室外機も定期的に掃除することが重要です。室外機は外に設置されているので、ホコリや汚れが溜まりやすいんです。たまにはカバーを外して、柔らかいブラシなどでホコリを払い落としてあげましょう。放っておくと、室外機の冷却効率が低下して、故障の原因にもなりかねませんよ。

**エアコンは10年で壊れる?実は10年以上も長持ちさせる秘訣を大公開!**

**## 4. エアコンの寿命を延ばすためには、適切な温度設定が重要!**

エアコンの寿命を延ばす上で、温度設定は重要なポイントです。

**4-1. エアコンの設定温度を適切に保ちましょう!**

エアコンの設定温度が高すぎたり低すぎたりすると、エアコンに負担がかかってしまいます。夏場は26~28度、冬場は20~22度くらいに設定するのがおすすめです。適温を保つことで、エアコンの効率的な運転につながり、寿命を延ばすことができます。

**4-2. エアコンをつけっぱなしにはしないようにしましょう!**

エアコンをつけっぱなしにしておくと、エアコンは常に稼働し続けることになり、負荷がかかります。就寝時や外出時など、誰もいない時間帯にはエアコンを停止させましょう。つけたり消したりを繰り返すよりも、適温に保つことでエアコンの寿命を延ばすことができます。

例えば、夏場の外出時は、出かける前にエアコンを消して部屋の窓を少し開けておきましょう。部屋の熱気が逃げ、帰宅時にはエアコンを付けずに過ごせるかもしれません。冬場の就寝時も、あらかじめ布団を温めておき、エアコンの設定温度を下げてから就寝すれば、夜間はエアコンを消して快適に眠ることができます。

5-1. エアコンのフィルターを掃除しないこと

エアコンを長く使うためには、定期的にフィルターを掃除することが大切です。フィルターにホコリがたまると、空気の流れが悪くなり、冷房や暖房の効率が低下します。また、フィルターが汚れると、ニオイやカビが発生しやすくなります。カビは健康に悪影響を及ぼすので、フィルターの掃除は欠かさず行いましょう。月に1回くらい、掃除機などでホコリを吸い取ればOKです。

5-2. エアコンを過酷な環境で使用すること

エアコンを快適に使うためには、適切な環境で使用することが大切です。例えば、直射日光が当たる場所や、極端に高温または低温の場所で使用すると、エアコンの寿命が短くなります。直射日光が当たると、室外機の温度が上がりすぎて故障の原因になります。また、極端に高温または低温の場所で使用すると、エアコンが過剰に作動して、故障につながります。エアコンを使用する時は、日陰の風通しの良い場所を選ぶようにしましょう。

6. エアコンの寿命を延ばすための設置の秘訣

エアコンの寿命を延ばすには、設置場所も重要なポイント!ここでは、エアコンを長持ちさせるための設置の秘訣を伝授します。

6-1. 日当たりの良い場所にエアコンを設置しましょう!

エアコンは日当たりの良い場所に設置すると、効率的に動作しやすくなります。日差しで室温が上昇すると、エアコンがより頑張って冷やさなければなりません。逆に、日当たりの良い場所に設置することで、室温が上がりすぎず、エアコンの負担を減らすことができます。

たとえば、南向きの部屋に設置すると、午前中からたっぷり日差しが入って室温が上昇し、エアコンの稼働時間を短縮できます。

6-2. 室外機は風通しの良い場所に設置しましょう!

室外機は、エアコンからの熱を排出するため、風通しの良い場所に設置することが大切です。風通しが悪いと、熱がこもってエアコンの効率が低下し、故障の原因にもなります。

また、室外機の上にものを置いたり、周囲に障害物を置いたりすると、風通しを妨げます。できるだけ、風通しの良い場所を選び、室外機周辺をすっきりさせておきましょう。

例えば、室外機を家の北側や東側に設置すると、南西風などの風の影響を受けやすく、風通しが良くなります。

7. エアコンの寿命を延ばすためには、適切なフィルターの選び方が重要!

エアコンの心臓部であるフィルターは、空気中のホコリやチリを取り除くために不可欠です。適切なフィルターを選ぶことで、エアコンの効率と寿命が大きく左右されます。

7-1. フィルターのタイプを正しく選びましょう!

フィルターには、使い捨てタイプと洗えるタイプがあります。使い捨てタイプは安価ですが、定期的に交換する必要があります。一方、洗えるタイプは再利用可能ですが、お手入れに少し手間がかかります。

一般的には、埃っぽい環境では使い捨てタイプのフィルターが有効です。定期的に掃除をすれば、洗えるタイプのフィルターも長持ちします。

7-2. フィルターの交換時期を守りましょう!

フィルターは、月に1回程度交換することをおすすめします。汚れたフィルターは風通しを悪くし、エアコンの効率を低下させます。また、汚れがたまると異臭の原因にもなります。

フィルターが汚れているかどうかを確認するには、フィルターを取り出して光にかざしてみましょう。光が透けなければ交換時期です。面倒に感じるかもしれませんが、フィルターを定期的に交換するだけで、エアコンの寿命をぐっと延ばすことができますよ!

**エアコンは10年で壊れる?実は10年以上も長持ちさせる秘訣を大公開!**

**## 8. エアコンの寿命を延ばすためには、適切な使用方法を心掛けよう!**

**### 8-1. エアコンのスイッチを頻繁にオン・オフしないようにしましょう!**

エアコンのスイッチを頻繁にオン・オフすると、コンプレッサーやモーターなどの内部部品に負荷がかかってしまいます。特に夏場などエアコンフル稼働の時期は、スイッチのオン・オフ回数が多いと部品の劣化が早まりやすくなります。部屋の温度が少し変わったからといって、すぐにエアコンのスイッチを切り替えるのは控えましょう。

例えば、会社から帰ってきてお部屋が暑いからといって、エアコンを一番強い設定でいきなり冷やしたり、少し肌寒くなってきたからといって、すぐにエアコンをオフにしたりするのはNG。エアコンは設定温度に達するまで、コンプレッサーが全力で働いています。このとき、頻繁にスイッチをオン・オフすると、モーターやコンプレッサーに大きな負担がかかってしまうのです。

**### 8-2. エアコンをつけっぱなしにしないようにしましょう!**

エアコンをつけっぱなしにして外出したり、寝たりすると、コンプレッサーが常に作動し続けることになり、内部の部品に負担がかかります。外出時には、タイマー機能を利用して、一定時間後に自動でエアコンがオフになるように設定したり、温度設定を控えめにしてエアコンを稼働させたりしましょう。

また、睡眠時もエアコンをつけっぱなしにするのはおすすめできません。エアコンの風は乾燥しているため、喉や肌が乾燥してしまい、体調を崩しやすくなってしまいます。また、エアコンがずっと稼働し続けることで、電気代の無駄にもつながります。寝る前は、少し肌寒いかな?と思うくらいでエアコンをオフにし、窓を開けて換気をしてから寝ましょう。

9. エアコンの寿命を延ばすためには、適切な湿度管理が必要!

9-1. エアコンの除湿機能を活用しましょう!

エアコンには便利な除湿機能があります。この機能を活用することで、お部屋の湿度を下げることができます。湿気が多いと、エアコン内部にカビや雑菌が発生しやすくなってしまいます。除湿機能を使うことで、カビや雑菌の発生を抑えて、エアコンの寿命を延ばすことができます。たとえば、梅雨時期などは除湿機能を活用する習慣を付けると良いですね。

9-2. 加湿器で部屋の湿度を調整しましょう!

冬場など、乾燥している季節は加湿器を使って部屋の湿度を調整しましょう。乾燥しすぎると、エアコンのフィルターに埃や汚れが付着しやすくなります。また、乾燥した空気は喉や鼻などの粘膜を傷つけてしまうので、体調不良にもつながりかねません。加湿器を使うことで、エアコンのフィルターを清潔に保ちつつ、健康も維持することができます。霧状のスチームで加湿してくれるタイプや、アロマオイル対応のタイプなど、いろいろな加湿器があるので、自分の好みに合ったものを選びましょう。

【「エアコンは10年で壊れる?」のまとめ】

エアコンの寿命は10年だと言われていますが、実は正しいお手入れと使い方をすれば、10年以上も長持ちさせることができるんです!エアコンを長持ちさせるための秘訣を大公開します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました