PR

エアコン掃除を1年サボるとどうなる?電気代25%増、寿命縮小など重大トラブル10連発

エアコン掃除の落とし穴

エアコンは私たちの生活に欠かせない電化製品の一つですが、掃除を怠るとさまざまな問題が発生します。

1-1. 電気代25%増

エアコンのフィルターが汚れていると、風量が低下して部屋を冷やすのに時間がかかります。そのため、エアコンがより長く稼働することになり、電気代が大幅にアップしてしまいます。

例えば、フィルターが1か月掃除されていないエアコンの場合、1年間で約25%も電気代が増えてしまうと言われています。これは、エアコンを毎日8時間使用する場合、年間約5,000円の電気代アップに相当します!

1-2. 能力低下

フィルターが汚れると、エアコンの能力も低下します。風量が弱くなるだけでなく、冷房や暖房の効果も弱まってしまいます。

夏場だと部屋がなかなか冷えずに不快になりますし、冬場だと部屋がなかなか暖まらず、寒い思いをすることになります。

健康への影響

2-1. 空気悪化とニオイ

エアコン掃除をしないと、ホコリやカビがフィルターに蓄積されていくの。すると、空気を吸い込んだときに、それらの汚れと一緒にホコリやカビのニオイが部屋中に漂うことになるのよ。これによって、喉のイガイガや目がチカチカするなど、不快な症状が出ることがあるの。

2-2. アレルギー症状

ホコリやカビは、アレルギーを引き起こす物質を含むことがあるの。エアコン掃除を怠っていると、それらの物質が室内に放出されて、アレルギー症状を悪化させる可能性があるのよ。くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、つらい症状が出るかもしれないわ。

快適さの低下

3-1. 効きが悪く快適温度が保てない

エアコンを掃除しないと、ホコリや汚れがフィルターに詰まって空気が流れにくくなります。その結果、エアコンは頑張って冷たい(暖かい)風を出そうとしますが、効率が落ちて快適温度を保てなくなります。暑い夏や寒い冬に、いくらエアコンをつけても効かないとイライラしますよね…

3-2. 異音や振動

エアコン内部にホコリや汚れが溜まると、エアコンが正常に動作できなくなって異音や振動が発生することがあります。まるで古いお化け屋敷のドアがギイギイいうような音を想像してみてください。うるさくて、夜もぐっすり眠れません。

経済的な負担

4-1. 修理費用の増加

エアコンを1年も掃除せずに放置すると、汚れが内部に蓄積します。これにより、モーターやコンプレッサーなどに負荷がかかり、故障の原因となります。修理費用は数万円かかる場合もあり、経済的な負担が大きくなります。

4-2. 寿命短縮による買い替え

エアコンの寿命は一般的に10〜15年ですが、汚れが蓄積すると8〜10年にまで短縮してしまう可能性があります。掃除を怠ると、買い替え時期が早まり、新しいエアコンを購入する追加出費が発生します。

5-1. 冷媒効率低下と冷却能力低下

エアコンを掃除しないでいると、冷媒の効率が低下します。冷媒とは、エアコンの冷房や暖房などの機能を担う重要な液体のこと。この冷媒が詰まったり汚れたりすると、エアコンが本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

すると、エアコンをガンガン動かしても部屋がなかなか冷えなくなったり、逆に冬場に暖房を使っても部屋が暖まらなかったりします。これでは快適に過ごせませんし、電気代もムダ使いになりますね。

5-2. 異臭発生による快適空間の喪失

掃除を怠ったエアコンからは、嫌な臭いが発生することもあります。これは、エアコン内部にカビや雑菌が繁殖するため。エアコンを使うたびに、この臭いが部屋中に漂ってきます。

この臭いを嗅ぐだけでも気分が悪くなってしまいますが、健康にも影響が出る可能性があります。カビや雑菌がアレルギーや気管支炎の原因となることも。快適な空間で過ごすためには、エアコン掃除は欠かせません。

##エアコン掃除を1年サボるとどうなる?

エアコンを1年間掃除しないと、こんな重大なトラブルが待っていますよ!

1. 電気代が25%増

エアコンのフィルターが汚れると、空気の通りが悪くなり、冷房や暖房を効かせるのにより多くの電力を消費するようになります。1年間掃除せずに放置すると、電気代がなんと25%もアップしてしまうんです!

2. 効き目が悪くなる

フィルターが詰まると、冷気や暖気が部屋に行き渡らなくなります。これによって、夏は部屋が暑くなり、冬は寒くなってしまいます。せっかくエアコンをつけているのに、部屋が快適にならないなんて悲しいですよね。

3. 嫌なニオイ

エアコンのフィルターにホコリやカビがたまると、嫌なニオイが発生します。このニオイは部屋中に広がり、息苦しさや鼻水などの健康被害を引き起こすこともあります。

4. アレルギーの悪化

エアコンのフィルターにたまったホコリやダニは、アレルギーの原因になります。喘息や花粉症に悩んでいる方は、特に注意が必要です。

5. カビの繁殖

エアコン内部の湿気が多いと、カビが発生します。カビは健康に悪影響を及ぼすだけでなく、エアコンの故障の原因にもなります。

6. 冷媒漏れ

エアコンが冷たくなくなったり、異音がしたりする場合は、冷媒が漏れている可能性があります。冷媒が漏れると、エアコンが故障してしまい、修理に多額の費用がかかります。

7. 寿命が縮まる

エアコンを定期的に掃除しないと、故障しやすくなります。最悪の場合、寿命が縮まってしまい、買い替えが必要になってしまいます。

8. 電気火災の危険

エアコンのフィルターにホコリや油汚れがたまると、発火する危険性があります。電気火災は重大な事故につながる可能性があるので、絶対に避けなければいけません。

9. 故障の原因

エアコン内部が汚れると、故障の原因になります。フィルターだけでなく、熱交換器やファンなど、エアコンのさまざまな部品が汚れることで、故障のリスクが高まります。

10. 室外機も汚れる

エアコンの室外機も定期的に掃除が必要です。室外機が汚れると、冷房や暖房の効きが悪くなったり、故障の原因になったりします。

エアコンの内部クリーン運転で電気代節約!

エアコンを清潔に保つことで、電気代を節約できるって知っていましたか?

エアコンの内部は、使っているとホコリやカビがどんどんたまっていきます。この汚れがたまると、エアコンの効率が下がり、電気代を余計にかけることになるんです。

そこで、定期的にエアコンの内部クリーニングを行うことが大切になります。エアコンには内部クリーン運転という機能があるので、これを使えば簡単に汚れを取り除くことができます。

内部クリーン運転を行うと、電気代が25%も節約できるというデータがあります。具体的に、5,000円の電気代を払っている人が内部クリーン運転を行うと、1,250円も節約できるということになります!

しかも、エアコンの寿命も長くなります。汚れがたまっていると、エアコンが故障しやすくなるんです。内部クリーン運転を定期的に行うことで、エアコンの故障を防ぎ、長く使うことができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました