PR

エアコン内部クリーンしないことの弊害:カビの繁殖、臭い、故障リスク…

エアコンの内部を掃除しないとどうなる!?

エアコンを長い間お掃除せずに放っておくと、想像以上に大変なことになってしまうんです!

1-1. カビの繁殖天国!?

エアコン内部は、湿気が多くて暖かい、カビにとってはまさに天国のような環境。お手入れを怠ると、目に見えないほど小さなカビの胞子がエアコンに潜んで繁殖し始めます。カビの胞子は空中に放出され、私たちが吸い込んでしまうことも…健康被害を引き起こす可能性があるんです!

1-2. 湿気モワモワで臭いも発生…

エアコン内部にカビが繁殖すると、そのカビが嫌な臭いを発します。最初はかすかな臭いですが、どんどん強くなっていくと、お部屋が不快なニオイに包まれてしまいます。湿気がこもってモワモワするようにもなり、快適に過ごせなくなります。

カビが健康に影響を及ぼすって本当?

エアコンの内部を掃除しないと、カビが繁殖することがあります。このカビは、私たちの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

2-1. アレルギーや咳の原因に

カビは、アレルギーや咳を引き起こす可能性があります。カビの胞子が空気中に放出され、鼻やのどから吸い込まれると、体が異物とみなして攻撃しようとします。この攻撃がアレルギー反応や咳を引き起こすのです。

例えば、エアコンをつけたばかりの時に、むずむずしたり、咳が出たりした経験はありませんか?それは、エアコン内部に繁殖したカビの胞子が原因かもしれません。

2-2. 呼吸器系に悪影響かも

カビは、呼吸器系に悪影響を及ぼす可能性もあります。カビの胞子を吸い込むと、気管支や肺に炎症を起こすことがあります。この炎症は、喘息や慢性気管支炎などの呼吸器系疾患を引き起こす可能性があります。

特に、免疫力が低下している人や喘息持ちの人は、カビの影響を受けやすいので注意が必要です。

3-1. 冷房も除湿もイマイチ…

エアコン内部が汚れていると、冷風や除湿効果がガタ落ちします。カビやホコリがフィルターや熱交換器に付着すると、空気が通りにくくなってしまうのです。すると、冷房をつけても冷たい風が弱くなったり、除湿してもなかなか部屋がカラッとしなくなったりしますよ。

たとえば、暑い日にエアコンをつけても、なんだかひんやりしない…なんて経験ありませんか?それは、エアコン内部が汚れているせいなのかもしれません。涼しく快適な夏を過ごすためにも、エアコン内部の掃除は欠かせません!

3-2. 電気代もアップしちゃう!?

汚れたエアコンは、電気代もアップしてしまうんです。フィルターや熱交換器が汚れていると、エアコンが本来の性能を発揮できず、より多くの電力を消費することになるからなんです。つまり、同じ冷房効果を得るためには、より長い時間エアコンを稼働させる必要があり、電気代がかかってしまうのです。

たとえば、エアコン内部が汚れていると、電気代が1割くらいアップしてしまうこともあります。塵も積もれば山となる。気がつかないうちに、電気代がどんどん上がってしまうかもしれませんよ。電気代節約のためにも、エアコン内部の掃除は大切なんです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました